自動車ローンと販売店ローンの金利

MENU

自動車ローンと販売店ローンの金利やその他の違い

クルマのローンには、クルマを購入する販売店が用意しているものと、各金融機関が提供している自動車ローンの2種類があります。

 

販売店が用意しているローンは手続きが簡単であることや、新車販売促進のために特別低金利キャンペーンなどを実施中のこともありますので、有効活用すると賢くクルマを購入することができます。

 

しかし、各金融機関が用意している自動車ローンにも魅力的な商品がたくさんありますので、慌ててローン契約を行うのではなく、両者を比較して、よりお得なほうを選ぶようにすることが大切です。

 

 

 

金利に関しては、かなり大きく違いますので、比較して少しでも低金利を設定しているほうを選ぶようにすると良いでしょう。

 

また、金融機関が用意している自動車ローンの場合、中古車でも新車でも金利は同じですが、販売店の場合は、新車化中古車かで大きく違います。

 

また車種によっても違うことが少なくないのでよく確かめる必要があります。

 

 

 

仮審査に関しては、販売店の場合購入する車種が決まっていないと、仮審査を受けることができませんが、金融機関の場合は購入するクルマが決まっていなくても、仮審査を受けることができることが多いです。

 

したがって、資金の見通しがつくので、それに合わせて改めて購入するクルマを決めることができます。

 

そして、何よりも大きいのが、クルマの所有権です。

 

金融機関の自動車ローンの場合、クルマの所有権は購入者本人になりますが、販売店のローンの場合、所有権は販売店にあります。

 

これは気分的にもあまり面白いものではありませんし、クルマを買替える際や、譲渡する際の手続きに手間がかかり、面倒な場合が少なくありません。

 

このようなことも考慮して、ローンを組むと良いでしょう。