MENU

自動車ローン金利を比較して安い買い物を

クルマを購入するときには、ローンを組む方が多いですが、ディーラーや中古車販売店などが用意しているローンは、他の金融機関の自動車ローンより金利が高く設定されていることが少なくありません。

 

たとえば、ディーラーのローン金利が4.9%だったとします。

 

フリーローンなどと比べると、遥かに低い金利なので飛びつきたくなるかもしれませんが、銀行などの自動車ローンでは、さらにそれよりも低い1%〜2%台の金利が設定されている場合もあります。

 

中古車の販売店が用意しているローン金利は特に高めであることが多いので、その差額は大変大きなものとなってしまうことでしょう。

 

クルマは中古車であっても、決して安い買い物ではありません。

 

無理して現金購入して、後から他に必要が出て困ることのないように、現金に余裕がないような場合は、金利が低い自動車ローンを選んでクルマを購入するほうが良いでしょう。

 

 

 

金利に関しては、各金融機関によって違いますので、よく比較する必要があります。

 

また、即日融資が可能な金融機関もあれば、審査に1〜2週間に日数を要する金融機関もあります。

 

そのためクルマの購入も焦らないで、融資が確定してから本格交渉に入るのが良いでしょう。

 

融資限度額に関しては、100万円程度の金融機関から1000万円という高額融資が可能な金融機関まであります。

 

銀行の場合は平均すると500万円を限度額として設定しているところが多いようです。

 

また、返済期間は最長8年〜10年を設定している金融機関が多いです。

 

利子を考えると、返済期間は短いほうが得になります。

 

ただ、その場合も月々の返済額が無理のないようにしておくことが大切です。

 

ボーナスを併用すると月々の返済が楽になります。

関連ページ

自動車ローンと販売店ローンの金利やその他の違い
自動車ローンと販売店ローンの金利やその他の違いについてまとめてみました。
自動車ローンは金利安いほど総支払額が減る
自動車ローンは金利安いほど総支払額が減ると言われていますが、どのくらい影響があるのか調べてみました。
自動車ローンでおすすめの商品は低金利ローン
自動車ローンでおすすめの商品は、銀行マイカーローンと比較して低金利の自動車ローンです。
自動車ローンを低金利で借りるには
自動車ローンを低金利で借りるには、属性が良くないといけません。