自動車ローン 金利優遇

MENU

自動車ローンは金利優遇で更にお得に

車を欲しい、でも今すぐにはお金が・・・。

 

そんな時に頼れるのが、自動車ローンです。

 

こういったローンは信販系やカーディーラー系など各社ありますが、おすすめなのは銀行系の自動車ローンです。

 

 

一番のポイントはディーラー系のものに比べて金利が低く抑えられている点です。

 

銀行系の場合、一般に2.0%〜4.5%位の金利に対し、ディーラー系の場合、4%〜10%になることもあります。

 

また銀行系は新車・中古車に関係なく金利は一定なのに対し、ディーラー系の場合、中古車は金利が高くなることがあります。

 

 

さらに銀行系の場合、銀行の利用状況や購入する車などに応じて様々な金利優遇措置があります、
例えば、その銀行が給与振込先に指定されているか、またその銀行の住宅ローンやカードローンを利用しているか、などの条件で金利が優遇される場合もあります。

 

また、購入する車がハイブリッド車やエコカーといった低公害車である場合、金利の優遇を受けることができる場合もあります。

 

 

一般的にディラー系のものは、購入時や車検、メンテナンス等に限られていることが多いのに対し、銀行系の場合、使いみちが車の購入、車検などのメンテナンスに限定されておらず、免許の習得や車のオプションの購入など車に関わるものであれば、幅広く使えるのものもあります。

 

 

ディラー系のものと比べて、銀行系のものは低金利と様々な金利優遇措置がありますが、ディラー系に比べて審査が通りにくい、手続きが面倒であるというデメリットがあります。

 

なので、まず銀行系の自動車ローンを申し込んでみて、その審査次第でディラー系のものを利用するのがベストです。

 

 

自動車はかなり高価な買い物です。

 

自動車ローンも慎重に選びたいですね。

関連ページ

自動車ローンと販売店ローンの金利やその他の違い
自動車ローンと販売店ローンの金利やその他の違いについてまとめてみました。
自動車ローンは金利安いほど総支払額が減る
自動車ローンは金利安いほど総支払額が減ると言われていますが、どのくらい影響があるのか調べてみました。
自動車ローンでおすすめの商品は低金利ローン
自動車ローンでおすすめの商品は、銀行マイカーローンと比較して低金利の自動車ローンです。
自動車ローンを低金利で借りるには
自動車ローンを低金利で借りるには、属性が良くないといけません。
自動車ローン金利を比較して安いローン商品を選ぶ
自動車ローン金利を比較して安いローン商品を選ぶことで総返済額が減り安い買い物ができるようになります。