MENU

自動車ローンでおすすめの商品は低金利ローン

自動車ローンでおすすめの商品は、何よりも低金利で借りられるローンです。

 

 

ローンの利用における最大の手数料は利息です。

 

 

借入・返済手数料、繰り上げ返済手数料などとは比べ物にならないほど利息という手数料は大きいのです。

 

 

だからこそ、様々な自動車ローンを比較して1%でも低金利で借りられるローンをおすすめします。

 

 

ディーラーのローンはお手軽ですが、金利が高い傾向があります。

 

 

大手銀行、地方銀行、信用金庫、ネットバンクなどは金利が低いですが、金融機関やローンにより金利に数%の差は出てきます。

 

 

10万円程度の借入なら些細な金利であっても、数百万円という金額になると無視できません。

 

 

どこの自動車ローンを利用するかにより、完済までの支払利息に20万円以上の差が生じることは普通にあります。

 

 

高額を借入する方ほど年率の差には敏感になるべきです。

 

 

 

2.0%〜3.5%などと金利設定に幅があるローンの場合は、3.5%の設定になると考えておくのが無難です。

 

 

低金利で借入できる方は信用力の高い方、もしくは高額融資を受ける方などです。

 

 

100万円の借入よりも、500万円のほうが低金利で借入できる可能性があります。

 

 

金利設定に疑問がある方は、金融機関に問い合わせて確認するのがいいでしょう。

 

 

 

自動車ローンの契約をする前には、必ず返済シミュレーションをしてみましょう。

 

 

月々の返済額に無理はないか、完済までに支払うべき総額と利息はいくらか、などを把握しておくことです。

 

 

利息を節約することは最大の資産運用となります。

 

 

毎月コツコツと貯金をすることも資産運用でしょうが、利息を減らすことも結果として家計の節約となります。

 

 

ローン選びでは知名度や審査のお手軽さなども大切ですが、それ以上に金利にこだわるべきです。

関連ページ

自動車ローンと販売店ローンの金利やその他の違い
自動車ローンと販売店ローンの金利やその他の違いについてまとめてみました。
自動車ローンは金利安いほど総支払額が減る
自動車ローンは金利安いほど総支払額が減ると言われていますが、どのくらい影響があるのか調べてみました。