MENU

自動車ローンは金利安いほど総支払額が減る

自動車ローンを利用する方は、少しでも金利安いローンを探しましょう。

 

 

ローン全般に言えることは、審査に通過しやすいものは金利が高いことです。

 

 

逆に金利安いほど審査は厳格になるのです。

 

 

ただ、審査というのは受けてみないと結果はわかりません。

 

 

ハードルが高そうに思えるローンでも、実際に申し込んでみると借入できる可能性はあります。

 

 

最初から借入は無理だと決め付けて、高金利ローンに手を出すのはもったいないのです。

 

 

 

低金利の自動車ローンを探すコツは、ネットの比較サイトを利用することです。

 

 

ネットが普及してから、金融機関の金利競争が激しくなりました。

 

 

住宅ローン程度の金利で借入できる自動車ローンも少なくありません。

 

 

金利が1%違うだけで、毎月の返済額が1,000円以上も差が出ることもあります。

 

 

当然、総支払額や総支払利息も変わってくるので、たった1%にもこだわる必要があります。

 

 

 

自動車ローンは総量規制の対象外なので、消費者金融のローンよりも高額の借入ができます。

 

 

金利自体は消費者金融よりもずっと低いですが、借入額は大きくなるので利息は意外と大きくなります。

 

 

同じ1%の金利差でも、消費者金融から借りる場合の1%よりも大きいと考えていいでしょう。

 

 

 

意外と金利が低くておすすめなのは、信用金庫の商品です。

 

 

地域密着型の運営をしているのが特徴で、銀行との最大の違いは利益を最優先しないことです。

 

 

非営利をモットーとしているため、銀行よりも金利を低く抑えられるのです。

 

 

金庫の会員または会員資格を有する方ならば、融資を受けられる可能性が高いです。

 

 

契約後に他ローンに乗り換える手間を考えると、最初から低金利ローンを選んでおいたほうが得策でしょう。

関連ページ

自動車ローンと販売店ローンの金利やその他の違い
自動車ローンと販売店ローンの金利やその他の違いについてまとめてみました。