自動車ローン 審査基準

MENU

自動車ローンの仮審査基準について

自動車やバイクを購入するときに便利な自動車ローンは、多くの銀行や信用金庫などで利用することができます。

 

各金融機関によって利用条件や金利、融資枠などが違っていますので、よく比較検討しながら最善にものを選ぶことが重要です。

 

営業区域内に居住しているか、勤務していることが条件となることが多いので、選ぶことができる金融機関が絞られてしまうことも少なくありませんが、それでも同じ地域内に複数の金融機関がありますし、全国どこに居住していても利用可能な自動車ローンもあります。

 

 

 

自動車ローンの申し込みは多くの場合インターネットを通して行うことができますので大変便利です。

 

24時間365日いつでも好きなときに申し込むことができます。

 

申し込んだ後は仮審査が行われますが、ここをパスしないと次に進むことができません。

 

仮審査は基本的な条件が満たされていることが重要です。

 

まず年齢ですが、満20才以上からという金融機関が多いですが、中には18歳からOKのところもあります。

 

上限は65歳までだったり、支払い終了時点で71歳までと上限を決めている金融機関が多いですが、特に上限を定めていない場合もあります。

 

 

 

次に安定継続した収入があることが審査されます。

 

高収入である必要はありませんが、前年度の収入が150万円以上、あるいは200万円以上を基準にしている金融機関が多いようです。

 

勤続年数に関しては、1年以上を基本としている場合が多く、新卒社員や就職内定者でも利用可能なところもあります。

 

ただし、融資額の上限が200万円以内など低く設定される場合が多いようです。

 

また、過去にローンを利用していて返済不能に陥るなどの事故を起こした場合は、ブラックリストから名前が消えるまで審査にパスするのは難しいでしょう。

関連ページ

自動車ローンの審査は厳しい?
自動車ローンの審査は厳しいと言われていますが、本当のところはどうなのでしょうか?